elegant aura

elegant aura

心の美

 「美しい心」とは何のことかと言えば「教養」のことです。即ち「教養」の有無が「美しい心」の有無なのです。

 「美しい心」とは何処から芽生えるものでしょうか?それは「芸術」からしか生まれません。

 「美しい心」はやはり「健康な体」が支えるものです。「健康な体」があって「美しい心」が成り立ちます。

心や体に現れる悪いものは、一つの癖です。

 バランスを取るために、いろいろな現象や枝葉の出来事が自分の肉体や心に起きているのです。

 しかし、目に見えないその現象を起こす奥深くを探り、高次元のエネルギーで癒すとバランスがとれ、 本来の癖のない姿に戻ることができます。貴方の心の中心に様々な学びをして、愛と信頼を強くして揺れない心になったら、 心や体に症状を出すことでバランスを取る必要はなくなるのです。

 人間、誰でも美しくありたい、女性も男性もかっこ良く生まれたいのは、本音だと思います。  しかし、外見だけで中身(=「美しい心」)が無いと、良好な人間関係は築けません。 「美しい心」を持って始めて、人間関係に「価値」や「絆」が生まれます。美しい人に引かれるのは、世の常ですが、 やはり、心の美しい人を求めるべきだと思います。心の美しい人には男性にしろ、女性にしろ、安心感を覚えます。

 現在の御自身のレベルからの外見の美の追求には限界が有りますが、 「美しい心」の追求には限界が有りません。

 「美しい心」とは、何かと言う人が居ると思います。人間としての優しさ、品格だと思います。 他人を思いやる心の広さと、優しさだと思います。「美しい心」は自分自身で作れると思います。  容姿がいくら美しくても「美しい心」でなければ、本当の「美人」とは言えません。 逆に言えば、「美しい心」であり容姿・心身共に美しく努力すれば自然にオーラの輝く「美しい人」になるのです。

自分を他人よりも大きく、また実際の自分よりもよく見せたがる人

 等身大の自分よりも大きく人に自分を伝える傾向の有る人がいます。 そのような人は、心理的には、劣等感や自信のなさの裏返しの行為なのです。  そして、等身大の自分よりも良く見せた嘘はいつかバレます。 等身大の自分よりも大きく表現しても、実際に真実は解ります。 相手もバカじゃありません。あとで恥ずかしい思いをするだけです。  謙虚に、そして自分を正直に表現していきたいものです。  本当に人間としての自信を持っている人は、必要以上に自分を多大評価した事を人には言いません。

美しいオーラ

example5
*画像をクリックすると拡大します。

 女性であれば、できればキラキラとした美しいオーラが欲しいと思います。 人間のオーラは、容姿が美しいかどうかは、あまり関係ありません。「綺麗=オーラがある」ではありません。

 綺麗じゃなくても、オーラがある人もいます。それは、自信があるかないかが関係しています。 自信がある人は、往々にしてオーラが出ています。自信過剰な人も旺盛に結構オーラが出ています。 それはオーラの質に違いが有ります。そのオーラの良し悪しに関係なく、オーラは内面の繁栄なので、 強い何かを持っている人は、オーラも出ます。

 やはり、特に女性は純粋で美しいオーラを発する必要があります。 無理にオーラを発しようと思わなくても、だんだん出てくるものです。

 人がキラキラ輝いたオーラが出る時は、「喜こんでいると時」です。人は喜んでいる時にオーラが輝き渡ります。 オーラは、周波数の高さが関係しています。  どんなに内面磨きに励んでも、どんなに知識を取り入れても、それだけでは、周波数は高くなりません。 自分が好きな事をやっている時こそ、喜び楽しみ、目に見えないオーラが外側に放出されるます。

 逆に、疲労困憊・不信・不安・心配な状態の時は、自分から発する周波数も低くて、波動も弱く、輝きも無くなります。

 自分を心地いい状態にしておいてあげる、自分が喜ぶことをしてあげる、 そして、さらにやりたいことをやって喜んでいる人のオーラは 本当にキラキラしていて輝いていくるものです。

 自分をいたわることは大前提で、精神的にもまた物理的にも、ほどほどに自分にご褒美をあげる事も必要です。 そうすると、オーラ、輝いてきます。

毎日笑顔で過ごす事です。

 毎日笑顔でいる事に心掛けましょう。

 最初のうちは出来なくても、意識して笑顔を作る習慣を心掛けるのです。 笑顔を作る習慣が出来るようになると、そのうち自然な笑顔に成ります。 自然な笑顔が出来るようになると、「笑う門には福来たる」ということで、幸運の波長が自然と自分に近づいてきます。 また、「女の笑顔は百人力」ということわざも有ります。笑顔でいると自然に美しいオーラが輝きます。

 そして、いつか、自分の笑顔が自分に跳ね返ってくるでしょう。

八方美人は不利

 八方美人は、いろんな人が寄ってきます。一見人気がありそうに見えても、「自分」という軸や信念がそこからは感じることがありません。  「自分」の"魅力"が表現しきれていないということです。「個性」を活かす事をおろそかにすると、「魅力」が無くなります。  「自分の魅力」とは、小手先のテクニックやファッション、メイク、立居振舞いなどは、二次的・三次的な事で一番は、「自分らしさ」を発揮していることです。

 けっして、必要以上に自己中心的に我儘で傲慢になるという事ではなく、 ”周りに流されない自分”でいるという事です。

自分を癒せるのは自分だけ

 自分を癒せるのは自分だけです。他人に依存すると、自信を持てなくなります。他人への依存は、自分を失い自信を失います。 本来、自分の持ち合わせている自分の力を発揮することができなくなります。自分への癒しは自分でできるもの、自分しかできないものです。 そして、人を癒してあげたいと思うのは、自分が癒されたいという気持ちが潜在的にどこかにある可能性もあります。  人を癒してあげる前に、自分で自分を癒してあげましょう。人を癒すことによって、その癒しで自分を癒そうとは思わないほうがいいのです。 それもまた、違った依存になります。  そして、癒しは与える、というよりも、あなたが癒された存在であるなら、周囲は自然と貴方から癒されます。

example5 example5 example5
*画像をクリックすると拡大します。

 心を癒すには、やはり落ち着いた音楽をBGMにして、お部屋をアロマの香りにしてみたり、 紅茶に美味しい洋菓子で楽しんだり、ウィンドウショッピングで気分転換してみたり、・・・etc、 人それぞれ色々有りますね。

 心を癒すには、高額なお金を賭ける事はなく、「芸術」や「自然」に積極的に近づく事が近道です。

丹田呼吸法は、心身共に清浄化されます。(ヒーリング)

example5
*画像をクリックすると拡大します。

 まずは、口や手を水で清めた後で、正座またはアグラをかいて背筋から首筋、頭の頂点まで真っ直ぐ上に伸ばし、 あごを引いて、眼を静かに閉じます。

 そして、その瞼(まぶた)は軽く閉じたままでいながら、瞼のなかの黒目の位置はまっすぐ十メートルほど前方を見据えます。

 そして、ゆっくりと静かに鼻から息を吸い(2秒位)、口から吐きます。(5~6秒位)  そして、吐き出す時に、身体中の力のはいっている所(額・眉間・眉・胸等)をゆるめていきます。

 そして、息は胸ではなくヘソから5センチ位下の丹田でゆっくりするようにすると、早く楽になります。

 その時、力を抜いていく過程で、真っ直ぐな姿勢を崩さないようにします。

 これを、何回か繰り返し無心になる事を心掛けます。すると、身体中の邪気が吹き飛ぶような、自分のオーラが輝き広がるような感じになり、気分が落ち着きます。 気持ちが沈んだ時に、無心になって試してみてください。

フラワーセラピー

 フラワーセラピーとは、花のエネルギーを使った癒しのことです。 私たちが、水や養分を花に与えるように、花たちも人間の心身の健康を保つ働きをしてくれるのです。

 花屋さんのウィンドウをのぞいたり、ご近所や散歩道など「綺麗!」と感じた時、それだけですでに花たちからのパワーを受け取っているのです。

 花が部屋にあるだけで、気分がパーッと明るくなったり、リラックスできたり、やさしい気持ちになったりした経験があると思います。

 私達は、無意識のうちに、花たちから心の栄養を補ってくれて、絶えず癒してくれているのです。

花のセラピー効果

視覚による効果

 花の色は、私たちの目に映り、網膜から神経系を通って電気信号に変換され、脳に伝わることでそれがどんな色なのかを感じます。 その感じた色により元気になったり、心が落ち着いたり、ホットな気分になれるときもあります。  視覚でとらえることには「色」のほかに「形」もあります。 花の形は多種多様。安心するような丸いものから、虫取りのような奇妙な形で不安な心にさせられてしまうもの、 とがった針のような形もあり、さまざまな個性で私たちに刺激を与えてくれます。

嗅覚による効果

 夜寝る前にラベンダーの香りがすると落ち着きます。 また、食事のときにはバジルやミント、カラミンサの香りを嗅ぐと食欲が沸ききます。花の香りには、このようにさまざまな効果があります。

触覚による効果

 花に触るということは自然に触れ、大地を感じ取れます。 人間の本能である自然共存と生命の慈しみを感じ、気持ちがやさしくなると一般的にいわれています。 花びら一枚一枚には、はかなげなやわらかさがあります。 葉にもやわらかいもの、硬いもの、鋭いものがあり、厚みのある花びらや葉も少なくありません。 また、風にびくともしない硬い枝や、ゆったりと揺らめく茎もあり、それらのすべては触れるとやさしく心をくすぐってくれるのです。

味覚による効果

 植物のパワーを口から取り入れるには「ハーブティー」を試してはいかがでしょうか。 ローズ、ラベンダー、カモミールティーは「花」から。ミント、ローズマリー、レモングラスティーは「葉」から。シナモンは「樹皮」。 ジェニパーは「樹果」。レモンやオレンジなどは「果皮」。自然のあらゆる部位のパワーを簡単に取り入れることができます。

聴覚による効果

 風によって木々の葉がそよぐ「さやさや」という音は、人を癒す代表的な音です。 鳥のさえずりの声、引いては寄せるさざ波の音、そして山あいを流れる谷川の音、ナイアガラの滝のような雄大な音…。 自然の音は私たち人間を文明などない時代にタイムスリップさせ、生まれたままの素直な気持ちにリセットしてくれるのです。

花がもたらす様々な癒しの効果

 花には、花の天使が宿っているとも言われています。

 花がもたらす様々な癒しの効果を利用して、お祝いのプレゼントやなぐさめのアレンジメントにすると、 相手に気持ちを届ける手助けにもなります。また、花を利用することによりリハビリ治療となり認知症を軽減したり、 神経を動かすことにより改善に向かうことがわかっています。

 機会が有れば、花をお部屋の中に飾り自分の心を癒してみましょう。

 *右の画像の欄の画像をクリックすると画像が拡大します。

花  名 作   用 画像
ガーベラ 血の流れを活性化させる・向上心を燃え立たせる example4
カーネーション 体内の毒素を排出する example4
かすみ草 体を弛緩させ、精神を落ち着かせる example4
カラー 体を浄化する・アレルギー症状をやわらげる example4
グロリオサ パワー補給 example4
コスモス 心と体のリフレッシュ、気力の充実に! example4
シクラメン 疲労した体を癒し、活力を与える example4
スイトピー 緊張をほぐし、体を温める example4
すいせん 興奮を静める example4
ダリア 血液循環をうながして疲れをとる example4
チューリップ 心と体のバランスを整える example4
デンファレ 気管支や肺の働きを正常化する example4
バラ 滋養強壮の働きがある example4
パンジー 消化機能を高める example4
ひまわり 夏バテの症状に!活力UP! example4
フリージア 高ぶった神経をしずめる 心身をリラックスさせる example4
プリムラ 肌の老化を防ぎ、若返らせる example4
ポインセチア エネルギーを高揚させ、生命力を強化する example4
ポピー 血液の流れをよくして、体力を増強する example4
マーガレット 心に原因がある動悸・息切れに example4
ゆり 代謝機能を高める example4
ラベンダー 中枢神経を鎮静させ、精神を安定させる example4
りんどう 体の毒素を排出し、消化器の機能を正常化させる働き example4
わすれな草 頭痛やめまいなど、自律神経失調症の症状を和らげる働きexample4
出会い