elegant aura

aura

elegant aura

 日頃のボディーケアを意識して、メンテナンスに励むと自然と引き締まった「理想のスタイル」に近づきます。

 究極の「ダイエット」の第一歩は、身体を清潔に管理してから自分自身をプロデュースしましょう。

理想のスタイル

 女性にとっての「美しい心」と「美しい姿」は、「健康」であればこそ身に付くものです。  人生、いつも健康とは限りません。時には、ストレスや病気と正面から向き合い上手に付き合っていくことが必要な時期もあります。  女性に合った女性の健康法を考えなければいけません。

 特に、女性の健康を考える上で避けては通れない病気として「更年期障害」があげられますが、 その他にも間違ったダイエット法による不快な症状などを含め、さまざまな女性特有の病気があげられます。  女性として周りの健康に気をくばることも大切ですが、自分の健康は家族を守るためのものと考え、 まずは自分を可愛がり大切にすることに心がけましょう。

ダイエット

 女性の話題の中には、必ずと言っていいほどダイエットが出てきます。  また、美しい身体を手に入れようと取り組んでいるダイエットですが、女性の健康を考える上でも有効で、 メタボリックシンドロームや高脂血症の予防のため男性にも注目されています。  また、女性は、筋肉量が少ないため基礎代謝が男性より低いことや、女性にとって非常に大事な部分である子宮 は脂肪でがっちり守られていますので痩せにくい身体になっているといわれています。

 ただし、女性が痩せにく身体だからといって極端な低カロリーダイエットなどはせずに、女性の健康を考えバランス の取れた食事と継続的な運動でじっくり痩せていく事が良いでしょう。

 健康的に、そして安全にダイエットをするために重要なことは、過激な方法や偏った方法をとらず、 すぐに結果が出ないとあきらめずに、今はやっている健康法やダイエット法を継続することです。

 健康な身体を保つためには、まず規則正しい生活を送り、栄養バランスの採れた食生活を取り、適度な運動を日々 行い、ストレスを抱え込まないことです。

 そして、対処方法ではなく日々予防することに努め継続していくことが、美しい身体を手に入れる近道です。 基礎代謝というのは、あなたの生命を維持するために使われているエネルギーのことです。生命の動力源といってもよいでしょう。 基礎代謝は、成人男性の平均が一日1500キロカロリーです。女性のほうは、一日1200キロカロリーです。 これはただ生きているだけでこれだけのカロリーが消費されるという意味です。  体重を減らすには、消費エネルギーよりも摂取するエネルギーのほうを少なくできれば良いのです。  この消費エネルギーというのが、基礎代謝と運動消費と食事摂取に伴う消費エネルギーなのです。  運動消費のエネルギーは、特別な運動をしなくても、日常生活での動きまわる動作でも消費されていきます。

 1日に1回程度でも、無理する事なく数分程度軽いストレッチとかラジオ体操など、 また、散歩やショッピングは、効果が有るかと思います。

まずは、部屋の掃除から~!

 何をおいても、最初は身の周りの部屋の掃除がすべての基本です。

 お部屋の中を隅々まで、丁寧に掃除する事で体内の血行も良くなり、 ダイエットに直結し、精神的にも清らかになります。

 部屋の状態が貴方の心の状態です。 心も身体も美しく保ちたいのであれば毎日こまめにお部屋の掃除をしてから、 自分のボディーチェックに移り、貴方の身体の内からオーラを輝やかせましょう。

姿勢

 姿勢には貴女の内面がダイレクトに投影されます。今、貴方の背筋は伸びていますか。 背筋が曲がったままでは、体幹部が使われにくいため、振る舞いが雑になってしまいます。 猫背の貴女は要注意です。今すぐに改善を始めましょう。

example5 example5
*画像をクリックすると拡大します。

振る舞い

 端正な女性の振る舞いは、指先まで意識を抜いてはいけません。  自分の手から物を離す瞬間、また、触れる瞬間にまでも意識を集中します。 そうする事により、不快な音や無駄な音を立てずに済むからです。 ドアを閉めるとき、イスに座る瞬間、足音、日常での貴女から発する音が騒々しくないことです。 自分の動作から生じる音を意識しましょう。

表情

外見

 外見を構成する要素は、ファッション、ボディーケア、筋肉があります。さらにそれらが良好な状態を保つためにも、 良質な睡眠、食事は欠かせません。

ページメニューへ

女性の冷え対策

 女性の冷え性の改善は「体の中からの改善」が重要です。 「冷え性」の仕組みを知って「冷えないカラダ」を作りましょう。

カラダを温める食べ物をとる

 体をあたためる食べ物は「物理的にあったかくて」「塩気、苦味、渋みがあって」「寒い地方でとれるもの」です。 逆に体を冷やす食べ物とは、「物理的に冷たくて」「砂糖(糖質)を多く含んで」「あったかい地方でとれるもの」です。 つまり、生野菜より火を通した野菜、冷たいジュースより温かいお茶、冷酒より熱燗といったことですね。  また刺激のあるものは体を暖めるので、たまねぎ、ねぎ、しょうが、ハーブ、唐辛子などをうまく利用しましょう。

カラダを温める栄養素をとる

 ビタミンB、C、Eが不足しないようにしましょう。 ビタミンBは糖質、たんぱく質、脂質をエネルギーに変えるのに必要。夏ばて対策ビタミンでもありますね。 豚肉などに多く含まれます。ビタミンEは血行を改善して女性ホルモンバランスを調整する働きがあります。 ナッツ類、アボガドなどに多く含まれます。

 ビタミンCは貧血改善、細い血管の働きを維持する効果があります。 ストレスやタバコで多く消費されるので、必要量(一日50mg)より多く摂取するようにしましょう。

タンパク質を効果的にとる

 そして、見落としがちなのがタンパク質。食事すると体があたたまります。 これは食べ物を消化・吸収する時に体がエネルギーを発散するからで、この熱のことを食事誘導性熱産生(DIT=Diet Induced Thermogenesis)と呼びます。 実はこのDIT、栄養素によって違うのです。

 食べたものをどれくらい熱に変えることができるかを比較すると、タンパク質は30%、炭水化物10%、脂肪で3~4%くらいと言われています。 そしてタンパク質は、筋肉やホルモンの原料になりますので、 特に体内で構成できない必須アミノ酸を含む良質のタンパク源(大豆製品、乳製品、肉、魚)は積極的に食べましょう。

規則正しい睡眠

 睡眠は人間の体を一定に保つのに重要なので、できるだけ規則正しい睡眠を心がけるようにしましょう。 例えば寝る時間がまちまちでも、いつもと同じ時間に起きることも重要です。眠かったら二度寝、お昼寝するのも一案です。 体のリズムを一定に保つ事が大事です。

足を温める

 足は心臓から一番遠いところにある上に、うっ血して冷えやすくなります。 足湯をしたり、足の指が動く五本指ソックスを履く、寝るときに湯たんぽを入れたりと足を冷やさないようにしましょう。 またむくむと冷えが悪化しますので、こまめに足を上げたり足首を動かしたりするようにしましょう。 またミニスカートにはブーツなど、服装にも気を使いましょうね。

あっていない靴、きつい下着はつけない

 皮膚のセンサーをきちんと機能させるためにも、合っていないハイヒール、きつい下着などはやめましょう。 特にきついガードルは太ももの付け根にあるリンパ節というところを圧迫しますのでよくありません。

まめにカラダを動かす

 運動すると血流がよくなります。ちょっと一駅歩く、階段をつかうなどちょっと気をつけるだけでもだいぶ違います。 また同じ体勢をとっていると血流が悪くなるので1時間に一回は姿勢を変えるようにしましょう。 足を組むクセのある人はできるだけ組まないようにしたほうがベターです。

 運動は「無理のないところから」を心がけましょう。 たとえば、階段一つをとってみても、階段は上りでも下りでも、平地を歩くエネルギーの約20倍のエネルギーを使うといわれています。 長続きさせるほうが重要です。

ストレッチ、マッサージ

 マッサージ、ストレッチをすると血流が良くなり、皮膚を刺激することによるリラックス効果もあります。 また、筋肉がほぐれ疲労改善にも役立ちます。特に腰から足を重点的に行うと効果的です。  朝起きた直後、寝る前など時間を決めて、リラックス効果のあるアロマなどを楽しみながらするとより効果的です。

お風呂を上手に利用

 38~40度のぬるめのお湯に20分から30分くらい、半身浴でつかると体が温まります。 疲れていてもシャワーよりお風呂につかるようにしましょう。お風呂のなかでストレッチもいいです。

 十分温まってから手足にシャワーで水をかけて、またお湯につかるという「温冷浴」も血行改善にオススメです。 市販の入浴剤も湯冷めしにくくなります。入浴剤の代わりに、お酒、お酢をいれても良いでしょう。 皮膚の活動を活発にするなど新陳代謝を促す効果があると言われています。

洗顔

example5 example5 example5
*画像をクリックすると拡大します。
  1. 髪が顔にかからないように、ヘアバンドなどでしっかりおさえます。
    この時、生え際、耳、額に髪がかからないようにしましょう。
  2. 蒸しタオルを使って2~3分間顔の上にのせます。
    蒸しタオルを使うことで、毛穴を開かせ、毛穴の奥にある皮脂や汚れを浮き上がらせることができます。
    蒸しタオルは、ラップで包んだ濡れタオルを、電子レンジで30~60秒ほど温めれば出来上がりです。
    この時やけどに気をつけましょう。
    入浴時に洗顔を行う場合は、浴室の熱気があるため蒸しタオルは必要ありません。
  3. ぬるま湯で肌の表面の汚れを落とします。
    2~3回すすぐだけでOKです。
  4. 洗顔料は、必ず「適量」を守りましょう。
    洗顔料が少なすぎると肌をいためてしまいます。
    よく泡立てて顔にのせる前に、適度にぬるま湯を加えながら手のひらでよく泡立てます。
    この時、手のひらの間に空気を入れるようにこすり合わせるのがポイントです。
    こうすることで細かく泡立ちます。
    シェービングクリームのようなきめ細かい泡をつくりましょう。
    うまく泡立たない場合はネットを使います。
    泡が細かいほどクッション性がアップし、汚れを落としやすくなります。
    肌を傷つけてしまうので、顔の上で泡立てることはやめましょう。
  5. 洗顔料は、皮脂の多いところになじませます。
    クレンジング剤同様、いわゆるTゾーン(おでこの中心から鼻の頭、おでこの中央からこめかみ)にらせんを描くように泡をなじませます。
    小鼻と鼻筋は特に毛穴の黒ずみが目立つ箇所なので、輪郭に沿って、人差し指と中指の腹を上下に動かし、やさしく丁寧に洗いましょう。
    髪の生え際は汚れが残りやすいので、意識して。
    Uゾーンは、らせんを描くようにあごの中心から耳の付け根に向かって、らせんを描くように泡をなじませましょう。
    あごのくぼみ、フェイスラインも丁寧に。
  6. 最後は皮脂の少ないところで、目元は皮膚が薄く、傷つきやすいので、やさしく洗いましょう。
    この時、<目元→まぶた→こめかみ→下まぶた→目頭>の順に泡をなじませます。
  7. 頬と口のまわりは、顔の中心から外側に向かってらせんを描くように。
    泡を首筋まで首筋は皮膚が薄く、老化が出やすいところなので、顔と同じつもりでやさしく丁寧に洗いましょう。
    この時、首の付け根からフェイスラインに向かってらせんを描くように泡をなじませます。
  8. 泡が顔全体になじんだら、すぐに洗い流します。この時、顔にお湯をかけるように手早く行うこと。
    手のひらでこすってはいけません。
    ぬるぬる感がなくなるまで、すすぎは20~30回は繰り返しましょう。
  9. ひと通りの洗顔の工程を終えたなら、チェックしましょう。
    特に、あご、こめかみ、髪の生え際は洗顔料が残りやすいので意識して。指の腹を使い、肌を確認しましょう。
    汚れが落ちきっていない部分は、もう一度洗顔料を泡立てて、その部分だけを洗い直します。
    汚れが落ちている部分も一緒に洗ってしまいますと、大切な水分、油分を奪ってしまい、乾燥の原因になります。
  10. 最後は、清潔でやわらかいタオルで、押えるように水気をふき取りましょう。
    こするのは厳禁です。また、洗顔後の肌は大変デリケートですから、なるべく早くうるおいを補給しましょう。

入浴法

example5
*画像をクリックすると拡大します。

 入浴は毎日入ることが身体にも効果的です。それは、血行を良くし新陳代謝を高め身体を清潔にし健やかなお肌にしたりします。 では、綺麗なバストを作る為のバスタイムを紹介します。

 毎日、面倒で湯船のお湯を張らずシャワーだけで済ませてはいけません。  まずは、シャワーではなく湯船につかり十分に身体を温めることです。 特に夏は簡単にシャワーをしたいところですが、クーラーで冷えている身体を肩までつかり十分に温め、リラックスすることが バストアップに効く入浴方法です。

 血行が悪いままでは、バストアップに必要な女性ホルモンを活性化しにくくなりますので、 身体に負担が掛からないように38度前後ぐらいで最低10分は入浴しましょう。

 湯船のお湯は、熱いお湯はだめです。体内のタンパク質を壊してしまう恐れがります。 今は、バスタイムを快適に過ごすいろいろなアイテムが販売されているので、楽しみながら半身浴をするといいでしょう。

 その温まった状態で、マッサージをすると血液やリンパの流れもよくなり、体のコリをほぐし寝つきも良くなり 睡眠中に出るとされる女性ホルモンの分泌量も増えてバストアップに効果倍増となります。

ページメニューへ

女性器の正しい洗い方

example5
*画像をクリックすると拡大します。

(1) まず、シャワーでぬるま湯で局部全体を流します。指で大陰唇、小陰唇を開き、陰唇の間の窪み部分や膣前庭、 尿道口を流します。そして、うしろ側の肛門もきれいに流して便やガスの粒子の汚れを取ります。

(2) しゃがみこむ姿勢で片ひざを立て、片ひざは床につけた姿勢で極力、股を開き気味にして局部用石鹸をつけて洗います。

 ナイロンタオル等は使用せず、手にとって、指で洗うのがベターです。陰核の包皮をめくり上げて、 包皮内部の汚れを洗い、陰唇の間の窪み部分はゆっくりと丁寧に洗って下さい。

 これらの部位は少女時代は丁寧に洗う習慣がついていないため、大人になってもラフにしか洗っていない方もいるそうですが汚れがたまりやすく、 ニオイの元となりますので丁寧に洗って下さい。膣前庭はささっと洗います。

 まちがっても膣内に指を入れて膣内部を洗うことはしないで下さい。膣内は酸性で元々、殺菌作用もありますので膣内洗浄は普通に洗う際は不要です。  そして、肛門周辺は丁寧に洗って下さい。

(3) 最後はシャワーを当てて洗い流します。  カブレの原因となってしまいますので石鹸が残らないよう、きれいに洗い流します。

女性器のかゆみ対策

 ニオイと並んでつらいのがかゆみです。性器の構造上、蒸れやすく、通気性も悪いので、かゆみでお悩みの方も多く存在します。

 また、上記の性器洗浄専用石鹸がニオイ対策と共に有効です。

女性器の黒ずみ対策

 性器の黒ずみと言えば、小陰唇の黒ずみでお悩みの女性は大勢います。ちなみに小陰唇に関しては、その形状、大きさ、出っぱり、 左右非対称といった悩みも多くあります。黒ずみに関しては遺伝、メラニン色素などの関係であり、性交渉の経験は関係ありません。

 最近は、ニオイ対策石鹸が黒ずみ対策にも有効と、とりざさされています。

膣の締まり対策

 膣の締まりは男性器を締め付け、男性に強い快感を与えるという点から見ても、そして相手を魅了するためにも重要なポイントです。

 一般的に膣の締まりについては、出産経験、性行為の経験、経年と関連性はありますが、外科的手術などを行わずとも、十分に引き締めることはできます。

 巷では、インドネシア産のジャムウ系の石鹸等に引締め効果があるとされていて、女性に大変、人気があり、 百貨店等で販売開始と共に即日売り切れとなったものもあります。

 ちなみにジャムウ系のものは、ニオイ、かゆみ、黒ずみ、締まりの4点に大変、効果が高いと言われています。

ページメニューへ

シャンプー

example5
*画像をクリックすると拡大します。

 美しい髪を育てる育毛の第一歩は、シャンプーから知らない間にあなたの頭皮の状態を悪化させていた生活習慣を見直してみましょう。

 髪の毛の根元には皮脂腺があり、つねに皮脂を分泌し、皮脂と汗が混じって皮脂膜をつくります。

 この皮脂膜をそのままにしておくと、皮脂膜と空気の汚れが混じって細菌が繁殖し、フケが出たり、脱毛症になったりします。

 夏には皮脂の分泌量が増え、汗もかくので、頭皮に炎症がおこりやすく、かゆみも出やすくなります。だから、シャンプーが必要なのです。

 しかし、洗いすぎもいけません。過度の洗髪は、皮膚障害や脱毛の原因にもなるのです。 髪を洗うには、あなたの頭皮に合ったシャンプーを選ぶこと、そして、洗い方、洗う頻度、乾かし方に注意する必要があります。

 効果的なシャンプーとコンディショナーで頭皮をほぐすようにシャンプーしましよう。

  1. シャンプー前にからんだ髪をほぐし、ほこりやフケを取るために、毛先から全体の順番で軽くブラッシングします。
    次にシャワーをしながら指の腹で地肌をていねいに揉み洗い。これで髪の毛についていたほこりなどはほとんど洗い流されます。
    ※髪の毛を濡らすだけでは不十分です。
  2. シャンプーはあらかじめお湯で少し薄め、手のひらで泡立ててから髪の毛へ。
    1カ所に集中しないよう、2~3ヵ所に分けて置きましょう。
  3. シャンプーを髪全体に行きわたらせ、指の腹で脂や汚れを揉み出すように、髪の生え際から頭頂部に向けて頭全体の地肌を洗います。
    地肌をマッサージしながらていねいに洗うと、血行がよくなり、毛穴に詰まった余分な脂などが取れやすくなります。
    ブラシを使うと頭皮が傷つくのでやめましょう。
  4. すすぎの時にも頭全体の地肌をマッサージするように、シャンプーより時間をかけて、ていねいにすすぎましょう。
    すすぎ不足はかゆみの原因になることもあります。
  5. タオルなどで軽く水分を取った後、コンディショナーは髪の毛につけましょう。
    地肌には必要ありません。地肌に残っていると、フケや臭いの元になります。
  6. タオルで髪の水分をていねいに拭き取り、ドライヤーは1カ所に集中させないよう気をつけながら、なるべく髪から放して乾かしましょう。

シャンプーの頻度

シャンプーすると毛が抜ける

 シャンプーして抜け毛が増えるということはありません。反対に洗わずにいて頭皮を不潔にする方が抜け毛の原因になります。

 髪の毛には一定の寿命があり、成長した後、自然に抜けます。この状態の髪の毛はシャンプーやブラッシングなどの軽い力で簡単に抜けてしまいます。

 数日に一度しかシャンプーしないと、数日分がまとまって抜けるので、抜け毛を多量に感じることがあるかもしれません。

 シャンプーで抜け毛が増えたわけではないのです。極端な食事制限による無理なダイエットは、肌にも筋肉にも良い影響を与えません。

ページメニューへ

トータルを自己管理しましょう!

 端正な女性は、それらをトータルに捉え外見を維持する能力を持ち合わせる必要があります。

 意識的に、ひとつひとつゆっくりと自分を磨く学習を習慣にした生活を楽しむと、 自然と引き締まったボディースタイルになり、心も体も美しく「オーラ」が輝く端正な女性になります。

 何もしないで諦めていては、何も始まりません。自分が、美しく成る事を少しずつ楽しみましょう。自分で自分をプロデュースしてみましょう。

 何もしないよりは、意識して心掛けていたほうが、人間として女性として、ずっと魅力が有り美しいです。

ページメニューへ

出会い