elegant aura

yuri

elegant aura

 女性にとって下着は、美しいボディースタイルを保つ基本であり隠れたファッションであり、 また、健康にも影響する重要なポイントです。

 女性は、職場での服装とプライベートの服装、また、その他の「時」によって、 ファッションセンスに気を配らなければなりません。

美容と健康のための正しい下着の選び方

 下着はお風呂に入るとき以外、ずっと身につけているものですね。 ですから、間違えた認識や着用をしていると、とても怖い側面があったりします。 特に、下着による締め付けは身体に及ぼす影響が大きいので注意が必要です。

正しい下着の選び方と着用のポイント

 下着は、デザインや色などの好みより、体の健康と気持ちよさを重視して選びましょう。

下着選びのポイント

  1. 適合性 肌になじみ、体にぴったりとフィットする事
  2. 快適性 長時間着用しても苦しくない事
  3. 運動性 体の動きについてきて正しい位置をキープする事

 女性の体はデリケートですから、下着選びは慎重になって困ることはありません。 特に素材は、肌ストレスに影響しますから、手触りのよい通気性のあるものがよいでしょう。

着用のポイント

 ブラジャーは購入時に必ず試着して、専門スタッフに適正をみてもらいましょう。 ガードルはウエスト実寸に+3cmから+5cmのものがよいでしょう。 ビキニショーツは、はみ出したお肉でヒップの形を崩す原因となるので、 ヒップを包み込むショーツに替えた方がよいでしょう。 寝るときは、ブラジャーをしない方がよいのです。

pants

下着の締め付けによる悪影響

 女性にとって、美しいボディラインやスタイルはキープしたいものです。 しかし、いくら美しく見せるためとはいえ、下着で体中を締め付けるのは好ましくありません。 最近はほとんどの人が自分のサイズを小さく認識していて、体型よりもサイズの小さな下着で体を締め付けている傾向があります。

 そんな下着の締め付けは、以下ような悪影響を与えます。

  1. 血液の循環を悪くなることで起こる症状
  2. 血圧の上昇
  3. 手足の冷え
  4. 肩こり
  5. 下着の締め付けは、血液の流れを妨げて表皮付近をうっ血させます。

 特に腰や骨盤を強く締めると血液の循環が悪くなり、 脳の酸素飽和度が低下して動作能力や自己治癒力が低下すると言われています。

 自律神経を抑制することで起こる症状

  1. イライラ
  2. ほてり
  3. むくみ
  4. 肌荒れ

 下着は直接肌に触れるため、体の新陳代謝の機能にも影響します。 特に女性には月経があり、2つの女性ホルモンの影響によって身体は周期的に変化しています。 そして、それに伴って体調を整える自律神経も周期的に変化していますから、 下着の締め付けでストレスがたまるとそれが自律神経のバランスを崩すのです。

その他、締め付けの悪影響

  1. リンパの流れを阻害する
  2. 締め付け部位がかゆくなる
  3. 背中ニキビができる
  4. 内臓を変位させる

 下着の締め付けは、思いがけず体に大きな影響を及ぼします。 慢性的な肩こりや冷え、体のだるさや、やる気がでないといった症状があるなら、 一度下着を見直してみてください。 自分の体を大切にすることは、女性にとってとても重要なことですからね。

ページメニューへ

正しいブラジャーの選び方

bura

 毎日何気なく着けている下着ですが、バストアップや美しいバストラインを保つために、 下着の着け方はとても大切なポイントです。 サイズの合わないブラジャーを着けることでバストアップどころか、 バストラインが崩れてしまうことになりかねませんから、注意が必要です。 自分に合う下着を選んで、正しく着用することでびっくりするほどバストラインは変わってきます。 バストアップを考えている方は、まず正しい下着選びからやってみましょう。

ブラジャーの下着の役割

 バストにつけるブラジャーの役割は、2つあります。 ひとつは、汗を吸収する肌着としての機能です。 バストを支えて動きやすくしたり、快適に生活できるようにします。 2つ目は、バストを整え、ラインを崩れさせないように体型を保持する機能です。

 胸が小さい人には、谷間をつくったり、ボリュームを作って形をきれいに見たり、 大きい人はすっきりみせるなどボディメイクもできる下着が増えています。

正しい下着の選び方

 正しく下着を選ぶには、まず自分の身体をよく知ることです。 ブラジャーのサイズは通常トップとアンダーバストの差でサイズを決めますが、 これに加えて、バストの円周や形が合うことが大切になってきます。 サイズを目安にしながら自分のバストの円周や形にあったブラジャーを選びましょう。 バストの形は人それぞれ違いますから、サイズにこだわりすぎることなく、 自分のバストに合ったものをじっくり選ぶほうが良いのです。

 一般的に、胸が小さいサイズの人は、1/2カップ、2/3などでボリュームが出て、 大きい人はフルカップのものを選ぶとすっきり見えるといわれています。 試着をして、自分のバストをきれいに包んでくれるブラジャーを見つけましょう。

バストラインをきれいにするブラジャーの着け方

 美しいバストラインを出すためには、下着の選び方と並んで、 ブラジャーのつけ方がとても大切になってきます。 バストは、脂肪なのでサイズの合わないブラをしたり、正しいつけ方をしていないと形が崩れ、 ワキなど他の部分に流れてしまいます。

  1. 上体を前に倒しながらなってバストを持ち上げるようにようにアンダーカップを合わせホックを止めます。
  2. ワキや背中に流れてしまったお肉をカップにいれるようにしましょう。
  3. 上体をおこして肩紐ストラップを調節し、アンダーバストラインを外側にすこし引いて微調整します。
  4. アンダーのベルトのバックが肩甲骨より上に来ないように調節します。
  5. 横から見てバストトップが二の腕の1/2の位置にくるのが理想的です。

 正しいサイズとつけ方で胸のシルエットはとても違います。 バストのトップの位置が変った、バストラインがきれいになったと言う声も多いです。 背中やわきのあたりのお肉をカップにいれるのは、普段サイズの合わないブラをつけているときや、 就寝中などに横に流れてしまったお肉を元に戻すためです。 これだけでもすこしバストアップ効果がありますので試してみてください。

まずはメジャーでサイズを計りましょう!

 バストは、バストの一番高い部分を、床と水平にややゆるめに計りましょう。 下がっているバストの場合は、ブラジャーを着けたような状態に近づけ、 バストポイントを水平に計りましょう。

 アンダーバストは、バストの下のつけ根の直下部を床と水平に少しきつめに計りましょう。

 ウエストは、ウエストの1番くびれている所を少しきつめに計りましょう。 洋服の上から計る場合は、生地の厚みによって1cm~4cm差し引きます。

 ヒップは、ヒップの一番高い部分を床と水平に計りましょう。

 中ヒップは、腹部の一番出ている部分を計りましょう。 特に腹部が出ている場合は、ヒップと中ヒップを計り、大きい方をヒップサイズとします。

ページメニューへ

オフィスでの女性の服装

 ビジネスシーンにふさわしい、女性の服装について説明します。

身だしなみの基本

  1. 清潔感があること
  2. 相手に不快感を与えないこと
  3. 仕事がしやすい・動きやすいこと。

 更に、身だしなみには以下のような意味があります。 単なる「服装」というよりもビジネスの場における「衣装」「戦闘服」とでも言える意味合いがあります。

身だしなみの意味

  1. 仕事ができそうな外見、能力がありそうなイメージをつくること
  2. 相手に好感を持たれること、親しみやすい印象を与えること
  3. 仕事にふさわしいセンスを持っていることを印象づけること(デザイン、ファッション関係)

 衣装や戦闘服という意味で服装を考える場合、メガネなどのアイテム、 髪型、口紅のカラーなどは印象を変えるのに非常に立ちます。

 ひとくちで女性の服装と言っても、クリエイティブな仕事、営業的な仕事、 事務的な仕事、人と接する仕事など、仕事の内容によってさまざまです。

 介護の仕事、子どもと接する仕事などの場合、動きやすい、 明るい色づかい、汚れても良い洗濯しやすい素材、などがふさわしくなるでしょう。 また、制服がある職場や業務の場合は、通 勤時と勤務時とで服装を着替えるため、 比較的自由がきくと考えられます。

ページメニューへ

ビジネスシーンにふさわしい服装

example5 example5 example5
*画像をクリックすると拡大します。

営業的なお仕事の場合

 社外の人と接する機会が多い場合には、あなたの印象(身だしなみ等)が会社の印象を決めます。 スーツ、ジャケット+スカート、ジャケット+パンツを基本にします。

 商談をする相手の年齢や性別によって、服装の意味合いが変わってきます。 「仕事ができそうな装い」「親しみやすい印象の装い」など、使い分けて下さい。

 接客先との面談も二回目以降の面談であれば、 相手の役職や取引・おつき合いの内容や年齢に合わせてシャツ+パンツ、ブラウス+スカートなど、 季節に合わせたお洒落でも良いでしょう。肌の露出の多いものはだめです。

 シャツやブラウスの柄は、無地、ストライプ、ドット(水玉 )などは良く、花柄なども、小花ならもちろん良いでしょう。 ある程度派手な柄でもジャケットのインナーとして個性を出すアイテムになるでしょう。ヒョウ柄などは着用しない方が無難です。

 襟や袖口は清潔なものを。また、きちんとアイロンがけ(またはクリーニング)したものを着用しましょう。

 素足(生足)は避け、ストッキングの色や柄もビジネスシーンにふさわしいものを心掛けましょう。

事務的なお仕事の場合

 新入社員の場合は、入社してからしばらくはスーツ、ジャケット+スカート、ジャケット+パンツを基本にします。 大切な会議や、重要な顧客と合う時にもきちんとした服装があなたの印象をアップさせます。

 翌週からは、上記の服装にとらわれずに、ブラウス+スカート、シャツ+パンツ、ワンピースなども取り入れて良いでしょう。 肌の露出の多いものはだめです。

 おじぎをしたときに胸が大きく開いてしまうようなデザインもだめです。 また、ノースリーブもあまり好ましくありませんし、タンクトップなどは必ずジャケットをはおるようにします。

 空調は男性の服装を基本にしているため、暑いとき、寒いときに調整がきく服装が良いでしょう。 職場用に、カーディガンやひざかけなどを用意するのも良いと思います

 シャツやブラウスの柄は、無地、ストライプ、ドット(水玉 )などは良いでしょう。 花柄なども、小さな花ならもちろん良いです。 ある程度派手な柄でもジャケットのインナーとして個性を出すアイテムになるでしょう。 ヒョウ柄などは着用しない方が無難です。

 襟や袖口は清潔なものを。また、きちんとアイロンがけ(またはクリーニング)したものを着用しましょう。

 ストッキングの色や柄もビジネスシーンにふさわしいものを心掛けましょう。 素足(生足)は基本的にはおすすめしませんが、職場によっては良いのところもあるようです。 先輩女性たちの服装を見て判断してみてください。

 ミニスカートや短パンは原則として不可でしょう。

 パンツ類のうち、ジーンズについては、きちんとしているものなら「可」のケースが多くなってきているようです。 上半身に襟のあるものを着用するだけでもぐっと印象が違ってきます。 ジーンズに穴を空けたり、脱色したり、ダメージ加工の強すぎないものが良いと思います。 ただし、初めて着用する前には、先輩女性たちの意見を聞いたり、先輩女性たちの服装を見て判断してください。

 派遣などで働く場合には、派遣先の職場の雰囲気に合うことが大前提です。 ブラウス+スカート、シャツ+パンツにジャケットを合わせる等、きちんとした服装が好ましいと思います。 心配な場合には最初の打合せの時にある程度質問しておくことをおすすめします。

クリエイティブなお仕事の場合

 一般的にクリエイティブなお仕事の場合には、服装の自由度が高い職場と言えます。 とはいえ、他の人に不快感を与えない服装を心掛ける必要があります。

 肌の露出の多いものはだめです。おじぎをしたときに胸が大きく開いてしまうようなデザインもだめです。 また、ノースリーブもあまり好ましくありませんし、タンクトップなどは必ずジャケットをはおるようにします。

 空調は男性の服装を基本にしているため、暑いとき、寒いときに調整がきく服装が良いでしょう。 職場用に、カーディガンやひざかけなどを用意するのも良いと思います

 襟や袖口は清潔なものを。また、きちんとアイロンがけ(またはクリーニング)したものを着用しましょう。 ミニスカートや短パンは原則として不可でしょう。

ページメニューへ

プライベートの服装

『服装』が似合っているかがポイント

 第一印象の3代要素の一つである『服装』。 女性は、男性と違い「それは無いでしょう」という服装をしている人は、パッと見そうはいないように思えますが、 良く良く見ると少しの“勘違い”があちこちに見られます。 女性の中には、20代30代で服装への無関心さから実年齢以上に見られたり、 30代40代の「バブル名残」「やりすぎ」「若作り」「イタイ人」が最近は急増しています。

 元々、女性はファッションやお洒落に興味がありますが、雑誌や芸能人のスタイルをそのまま真似たとしても、 果たして自分に似合っているのでしょうか。 「好きなものと、似合うものは違う」ということに気づかなくてはなりません。

周囲の意見にも耳を傾けましょう

 年齢相応のスタイルが、自分も見ているほうもしっくりくるはずですが、 30代40代に多く見られるのが「まだまだいける」「若く見られるたい」の気持ちが先行しているタイプです。 思い込みや勘違いから周囲に「やりすぎ」「若作り」などと思われている可能性があります。

 仲の良い友達の中に、現実的で毒舌な人がいると助言を受けられるのでしょうが、 そうでない限り友人同士は同じタイプが集まってしまう傾向にあるので、おかしなことに気づきません。

 周りにいる男性に、一度聞いて見て下さい。 男性は普段、女性に気を使ってあまり何も言わないかもしれませんが、 女性から「どう?」と聞けば素直な意見をくれるはずです。結構、鋭い意見をもらえます。

ページメニューへ

一般的に男性が嫌がる女性の服装・小物

example5
*画像をクリックすると拡大します。

 一緒に歩いて「勘弁して欲しい」と思われる服装の代表例をあげてみます。

 30代40代で、10代~20代対象のショップが行きつけという女性。 流行ものを買い、そのまま着ている。小物や、インナーだけを身に着けるなら良いですが、 花柄フリフリワンピース、超ミニは、あまりいただけません。

露出しすぎる服装

 胸の谷間が、ばっちり見えるキャミソールやカットソー。 女性は、セクシーでしょ。と思っているかもしれませんが、男性はそうでもないようです。

 遊び相手なら良いでしょうが、男性は基本自分の妻や彼女に対しては、露出を好みません。 他の男に見せる必要はないということです。男性は、チラリズムを好むからこそ、あからさまな露出を嫌うのです。 想像して楽しむのも男性ならではです。

体系を隠そうとする服装

 激痩せ又は激太りの人に多くみられますが、自分の体系を隠すため「だぼだぼ」の服装をしてしまう。 これは、だらしなくも見られますし、全く体系隠しになっていないことに気づいて下さい。  自分の一番イケてた時代(過去の栄光)の洋服をそのまま着てしまう女性。 肩パット入りのジャケットやワンピース。それが、10年も20年も前のものだと言うこと。 昔のスタイルがリバイバルしていても、あくまでも現代風にアレンジしているのが流行です。 そのままだと、ただの「時代遅れの人」になっていることに気づきましょう。

あまりにもボーイッシュな服装

 デニム上下や、革パンにセーターなど。ジャラジャラと、アクセサリーをつけまくっている人。 全身ブランド物で揃えている人。ロゴマークが見え見え。編みタイツや柄タイツも引く人多し。 母親のワンピースやスーツを着てしまう女性。授業参観、又はPTAみたいです。

ページメニューへ

流行ファッションを上手に取り入れるコツ

example5 example5 example5
*画像をクリックすると拡大します。

 どんな年齢の方でも、季節ごとの流行ファッションをぜひ取り入れたいと思っておられることでしょう。 そこで年齢に関わらず流行のファッションを上手に取り入れるための3つのポイントをまとめてみました。

素材・柄を取り入れる

 シーズンによって流行する素材や柄が変わってきます。 まずは今持っているワードローブの中から、その季節のトレンドの素材や柄のものがないか探してみましょう。  もし流行しているボトムスの丈やトップスのデザインが「あまりにも若い子向けな気がして着づらい」と感じる場合でも、 素材や柄を取り入れるだけでおしゃれ度がアップするので安心して挑戦できるでしょう。

数年前の服をチェックする

 「流行は繰り返す」と言われるように、数年もしくは十数年ほどの単位で同じようなテイストの服装が流行することはよくあります。 例えば「80年代ファッション」などの言い方がありますね。

 それで数年以上前に買った服で最近着ていないものやクローゼットに眠っていて忘れているようなものをチェックしてみるようおすすめします。 意外にトレンドと重なっているものがあるかもしれません。まずはインナーや小物などから使ってみるのが無難でしょう。 自分では「今シーズンの流行と同じ」と思って選んだつもりでも古臭く見えてしまう可能性もあります。

全身を流行で固めない

 もう一つの気をつけたいポイントは、全身を流行のファッションで固めてしまわないということです。 自分では「おしゃれ」のつもりでも見る人によっては「やりすぎ」と思われる可能性があります。 まずはアウターだけとか、ジャケットと靴を流行に合わせるなど、 普段の自分のベースとなる服装に少し流行を取り入れるようにすると良いでしょう。  そうすると誰から見ても「おしゃれ」に見えますし、自分らしさも残すことであなた自身も安心しておしゃれを楽しむことができるでしょう。

 上手にコツを押さえれば年齢に関わりなく「おしゃれな人」という嬉しい評価を得ることができます。

ページメニューへ

「おしゃれな人は靴を見ればわかる」

example5
*画像をクリックすると拡大します。

 おしゃれな人は靴を見ればわかると昔から言われています。 実際、お洒落上手な人は靴をコレクションにするほど靴好きの方が多いのも事実です。 でも、ただやみくもに靴を選ぶのではなく、どうせなら「美しく見える靴」を選びたいものです。

ヒールのある靴

 足を細く見せたいのなら、やはりヒールの靴に勝る靴はありません。 そんなヒールの靴の中でも、付け根部分が太目で先端が細くなっているフレンチヒールは更に足を細く見せてくれる効果があります。

ブーツ

 足首が締まっていて、逆八の字のようにふくらはぎにのびてるブーツが足を綺麗に見せてくれます。 さらに、ファスナーが付いていて足にフィットしているものとか、底の部分が厚めのブーツがキュッと締まった足に見えます。 かかとと足首の差をハッキリさせることで足が細く見えます。

ストッキング

 できるだけ足を長く見せたければ、靴と同系色のストッキングを履くと足が長く見えます。

サンダル

 あったかくなってくると素足にサンダルを履きたくなります。 サンダルならアンクルストラップ。足首が締まって見えるので、足が細く見えます。

ミュール

 ミュールは、足が見える部分が多いので、デザイン選びは慎重にしましょう。 前の部分からかかとに向かって高いタイプのヒールが足が長く見えてキレイです。 ウエッジソールなどがおススメです。 デザインは、Tストラップ。足が長く綺麗にみえるからです。

履くと太く見えてしまう靴

 ふくらはぎ丈のブーツは、よほどふくらはぎが細くなければ太く見えてしまいます。 また、靴だけではありません。可愛いからと言って足首にストラップをしたは、足を太く見せてしまいます。

 細く見せたいからとデザインばかりに凝った靴ばかり履いていると将来、 外反母趾になる危険性もあります。 自分の足に合った靴を選ぶことが最前提です。 その上で美しく見える靴を選ぶようにしましょう。

 そして靴を脱いだ後の足のケアも忘れずに。美しい足は日頃の手入れ次第です。 真から美しい足を目指しましょう。

ページメニューへ

出会い