elegant aura

ai

elegant aura

ookadotomoko

Hair&Make-upアーティスト・大門友子(おおかど ともこ)さん

 『BLANCO』にて「美容師」・「ヘアメイク」として活動後、フリーランスに。 各種専門学校にてセミナー・ワークショップなど開催しています。 数多くのコレクション・広告撮影の経験を持っており、現在ショップチャンネルにてシアーカバーのアドバイザーを務めています。

 下の画像ををクリックすると、

 のビデオムービーをご覧になれます。

 その他の「●プロ直伝!メイク講座」をご覧になりたい場合は こちらをクリックしてください。

スキンケアの正しい順番

正しいクレンジング方法

  1. クレンジング剤を手に取り指の腹で少し温めます。
    冷たいまま顔にのせるよりも、体温で少し温めてから使用したほうがメイクもよく落ちます。
  2. 手のひらを顔に密着させて、こすらないように手のひら全体を使って大きく洗います。
    決して強くこすらず、顔と手のひらの間でクレンジング剤を転がすようにします。
  3. 皮脂の分泌が多い鼻筋は念入りに洗いましょう。
  4. 小鼻の部分は汚れがたまりやすいので、特に丁寧に優しく洗います。
  5. 水で濡らしたコットンで丁寧に拭き取るか、ぬるま湯で何度もキレイに洗い流します。
    この時クレンジング剤が顔に少しでも残っていると、肌荒れやにきびの原因になってしまいます。

 ポイントは、メイクや汚れを浮かび上がらせるように顔の内側から外側へ優しくマッサージするように落としていくことです。

 クレンジングをしっかり行うことにより、ダブル洗顔する必要もなくなり、その後の化粧水や美容液の浸透がよくなります。

 クレンジングが済んだら、美肌の基本となるW洗顔を必ずしましょう。

 クレンジング剤の油分や界面活性剤が残らないようにしっかり洗い流したら終了です。

洗顔

 まずは洗顔で、皮膚に乗っているファンデーションなどの化粧をしっかりと落としましょう。 美肌のために努力することはたくさんありますが、基本は正しい洗顔を行うことで、美肌になれると思います。

 洗顔の前に手をきれいに洗って、まずは泡をたくさん作る事から始まります。 念入りなクレンジングがお肌には良いのですが、力まで念入りに入れてはいけません。 くすみの原因になってしまうからです。

 メイクを落とさずにファンデーションなどの鉱物油が肌に長時間付着していると、肌荒れの原因となってしまいます。 メイクをした日はできるだけ早く落として肌を清潔な状態にしておきましょう。 クレンジング剤は、小鼻の周りから指の腹を使って汚れを押し出すように洗いましょう。

 次に額、ほおの中央、えらのあたりまで、クルクルと円を描くようにメイク剤をなじませてから、 口の周り・あご・鼻の下も洗い残しのないように念入りにメイクを落とします。 汚れが浮き上がってきたときにこすらずに洗い流しましょう。

フェイシャルマッサージ

ページメニューへ

化粧水

 洗顔でしっかりとお化粧を落とした後は、できる限り素早く化粧水をつけましょう。 化粧水は肌の水分の補給になるので、自分のお肌にあった化粧水をたっぷりの量で付けましょう。

 化粧水の正しいつけ方の条件は以下の通りです。

 たったこれだけでも化粧水の皮膚への浸透率が変わってくるので、早い期間で理想の肌に近づくのです。 また、たっぷりの量の化粧水を使うことも、スキンケアの基本です。

 洗顔後は肌の水分が奪われていて、刺激がない化粧水をたっぷりと使って水分補給をしてあげましょう。

 化粧水は、普通肌用、脂性肌用、乾燥肌用の3つに分けられ、肌分析で自分の肌質に合ったものを選ぶ必要があります。 自分の肌質に合った化粧水を顔全体にたっぷり行きわたらせたら、顔の内側から外側に向かってすべらせるように肌に浸透させます。

 次に、コットンに化粧水を含ませ、優しく軽くタッチするように顔全体にまんべんなくしみ込ませましょう。

 スキンケアの基本中の基本ではありますが、これを知らずに適当にしている方がいるようです。 お肌は凄くデリケートで、額にある毛穴は1センチ角で1000個以上あるとされています。 このお肌にある毛穴に栄養となる成分を入れない手はありません。

 目の周辺や口元のなどの乾燥が特に気になるときは、コットンパックが大変効果があるので、 化粧水をたっぷり含ませたコットンで乾燥のひどい部分に当てたら、5分後には効果が現れるのです。

 注意しなければならない事は、化粧水などは肌に合う人と合わない人がいるのです。 美肌を目指すのであれば、きちんと自分の肌質に合う化粧品でスキンケアを行うことが重要です。

 乾燥肌の方は、保湿成分を豊富に含んだ商品を使用する方が良い場合もあります。 それとは反対に皮脂量が多くオイリー肌の方は、 さっぱりとした引き締めタイプの化粧水を使った方がお肌に良いというケースもあるのです。

 万人に合う化粧品やスキンケアの方法はないということをよく理解し、 しっかりと自分の皮膚や肌のタイプを把握しながら毎日のお手入れをするようにこころがけましょう。

美容液

 化粧水で皮膚の水分補給が終わったら、次は美容液でお肌の保湿をします。 美容液はオイルフリーで、セラミドなどの保湿成分が豊富に含まれている美容液がおススメです。

乳液

 乳液は皮膚に油分を補給する役割があるので、乾燥肌の方にオススメです。 特に、若い方、にきび肌の方、オイリー肌の方は逆に肌トラブルの原因になる可能性もありますので注意しましょう。

クリーム

 乳液同様、皮膚に油分を与える役割がクリームです。 乾燥肌や油分が不足しがちな中高年の方以外は、乾燥部分をポイントに使用しましょう。

 また、これらを全て揃えて使用する必要はありません 。
(※上で述べたものはあくまで順番をあらわしたものです)
 皮脂が多いのなら乳液やクリームは要りませんし、赤ちゃんのように潤っているなら美容液は必要ないかもしれません。

 ただ一つだけ、『化粧水』だけはきちんと使用したほうが良いでしょう。
どんな肌でも、洗顔後には保湿成分が流出してしまい肌が乾燥に傾いています。 洗顔後にはたっぷりと化粧水で水分を与えてくださいね。

 現代のストレス社会の中で女性の肌は乾燥しやすくなっています。 脂性肌の方でも肌の内部では乾燥しているという方が殆どです。 まず水分。洗顔後には、化粧水で水分と栄養をたっぷり与えてあげてください。

ページメニューへ

メイクの順番

 意外に見過ごされがちなのがメイクの順番。いろいろなコスメを試し、 メイクの方法を模索しているにも関わらずなかなか望むようなメイクができていない場合は メイクの順番が間違っている可能性があります。

 スキンケアの段階から順番をたどっていきますと、まず洗顔、そして化粧水。これは鉄則です。 その後が乳液や美容液、美容クリームなど人によって異なってきます。肌質などに合わせて自分に相応しいものを選びます。

 ファンデーションを塗る前に使いたいのが『化粧下地』です。 ベースメイクができているかどうかでファンデーションの量や仕上がりが大きく異なってきます。 ファンデーションよりも『化粧下地』選びを重視するべき、という指摘もあるほどですから、注意したいものです。

意見が分かれるのはファンデーションとコンシーラーの順番

 リキッドファンデーションの場合はコンシーラーが後、 パウダーファンデーションの場合はコンシーラーが先、 というのが一般的です。

 ただこれは必ずしもすべてのケースに当てはまるわけではないので注意が必要です。

ファンデーションの選び方

 「ファンデーション」とは、英語で「faundation(基礎、土台)。 その意味のとおり、女性の肌のベースメイクとなる大事なメイク道具である。

 ファンデーションは、大きく分類するとリキッドファンデーションとパウダーファンデーションが有りますが、 1つで2つの機能を体感できる「ツーウェイファンデ」も登場し注目を集めている。

 リキッドファンデーションとパウダーファンデーションのどちらにするかの一般的な選び方としては、 肌の状態で選ぶといいとされている。

 例えば、皮脂が多い肌タイプの方がリキッドタイプを使うと、脂の上に液体油をのせているようなものなので、 良いつけ心地は得られないとされています。

 また、乾燥肌タイプの方がパウダーファンデを使うと、水不足の田んぼに粉をまいているようなものなので、 余計に粉っぽくなってしまうといわれています。

 また、「夏は脂っぽいし、冬は乾燥する」という季節に敏感なお肌をお持ちの方の中には、 夏と冬で使用するファンデーションを変える人も多いようです。

コンシーラー

 コンシーラーとは、「しみ」とか「くま」を隠すアイテムで、いわゆる「肌の影」を隠すものです。

 コンシーラーは、肌トラブルを修正するためのカバー用ファンデーションのことで、 「ニキビ」や「ニキビ痕」、「シミ」、「くすみ」などの肌トラブルをカバーするために、気になる部分のみに使用します。 強いカバー力が特徴的で、このカバー力を出すために顔料が多く含まれていることが多い。

 コンシーラーは、カバー力を出すために、通常のファンデーションよりも密着性・エモリエント性に加え、 顔料が多めに含まれています。コンシーラーは、ファンデーションと同様に下地・乳液などをたっぷりぬり、 ベースを整えておく必要があります。

 スティックタイプのものが多いため、ついリップのように押し付けがちになりますが、それは禁物です。 目尻などの「小じわ」のある部分に使う際は、よれてしまいます。下地を塗った後、絵の具をポツポツと置くように塗り、 指の腹または化粧用コットンや綿棒など繊維残りが出ない素材で、軽く叩いてぼかしながらのばします。

ページメニューへ

ファンデーションの次はアイシャドー

アイライナー

 アイライナーの種類と目のタイプ別のアイラインの描き方が異なります。

 また、黒目の位置が中心より内側にある場合、アイラインは黒目から目尻に向かって入れ、 逆に黒目の位置が中心より外側にある場合には、アイラインは目頭から黒目に向かって入れるのがポイントです。

 こうすることによって、黒目の印象を実際の位置とは異なる場所に見せることが出来きます。

 アイライン一つで目のバランスは変わるので、日々のメイクにアイラインを上手にとりいれて、 魅力的な目元を演出してみるのがおすすめです。

ページメニューへ

マスカラ

 TPOやその日のファッションや気分に合わせて、ビューラーのかけ方、 マスカラのカラーや塗り方を変えてみるといいです。

涼しげな印象を持たせたい時

可愛らしい印象を持たせたい時

モードな印象を持たせたい時

マスカラの付け方のポイント

 目力を最も表現してくれるのは、なんといってもマスカラです。 ビューラーでしっかりとカールされた「まつげ」に正しくマスカラをつければ、 瞳の印象はさらに魅力的なものになります。

マスカラの選び方

 オフィスワークだと、目薬は必須だと思うので、やはり涙や水にも強いタイプがおすすめです。 何度も目薬をさしているうちにマスカラが落ちてくるのは嫌なものです。

ページメニューへ

最後に口紅、ほお紅

 口紅・グロスの塗り方・色の選び方は、まず始めにベースとなる唇の色をマッサージをすることで整えます。 親指の腹を使って、顎の先から耳の裏までの顔のリンパ腺に沿って押していくと、唇の血行がよくなり赤みが増します。 このマッサージを終えたらいよいよ口紅を塗りましょう。

 グロスを塗る場合には、唇全体につけるのではなく、 唇の両端を3~5ミリ程度残して中心部分にのみつけるようにするといいです。 こうすることによって唇に立体感が生まれます。

 パール入りの口紅を塗った時は、グロスもパール入りのものに統一しましょう。

口紅の色の選び方

 メイクをした顔の全体のバランスをとり、メイクの印象を特徴づけてくれるのは口紅です。 「口紅」というより「ルージュ」や「リップ」と呼ばれる方が近頃は多いかもしれません。

 『顔色が悪いといわれる』、『唇の色が悪い』という人は、ルージュの色の選択によっては、 明るい好印象を他人に与える事ができます。また、口紅はメイクの全体の仕上げであり、 他のアイメイクやチークなどのカラーとなじむことによって、バランスのとれた美しいメイクを完成させることが出来ます。

 口紅は顔の主役ではなく、“引き立て役”として考えるとよいでしょう。 どうしてもリップメイクを強調させたいときには、アイメイクを薄くすると効果的になります。

ページメニューへ

メイク道具

ページメニューへ

メイク道具は意外と汚い

 ブラシの毛先やスポンジの表面には、コスメ成分だけではなく皮脂や汗、老廃物などがついています。 人間の皮脂や汗、老廃物は空気に触れると酸化します。

 お手入れを怠った道具を使うと、それらを顔につけているようなもので、ニキビの原因の一つになったり、 放って置くと雑菌などが繁殖してしまいます。

 また、汚れがこびりついたスポンジやブラシを使うとすべりが悪く、メイクのノリやつきも悪くなります。 さらに、パウダーやファンデーションを余分にこそげ取るようなことになるのです。

メイク道具の基本的な洗い方

 スポンジは毎日、ブラシやパフは1ヶ月に一度を目安に洗うのがベストです。

 メイクブラシは、「水」または「ぬるま湯」で中性洗剤(少量)を泡立て、 ブラシの根元から毛先に向かって汚れを軽く押し出すように洗います。シャンプーでもOKです。

 リンスをつけると、毛のツヤが保てます。目の粗いコームで少しずつとかし、毛先を整えましょう。 水で洗い流したら、やさしくタオルで水気を取り、陰干しします。

 スポンジは、石鹸をスポンジに直接つけ、押し洗いをします。形がくずれるので、強く絞りすぎないでください。 水で洗い流したあと、直射日光は材質が硬くなるので陰干しをします。夜、お風呂に入って洗顔するときに、一緒に洗うとラクですよ。

 パフは、中性洗剤または石鹸をパフに泡立てて、優しく押し洗いをして水ですすぎます。 仕上げに衣類用の柔軟剤を使うとふっくらとした感触になります。 陰干しするとき、直接ピンチでとめると跡がついてしまうので、ティッシュやガーゼではさみ、 風通しのよい場所で干すといいでしょう。

ページメニューへ

出会い